代々木公園で花見の場所取りは混雑必至!?夜のライトアップやお酒は有り?

代々木公園は都内で第5位の大きさを誇る都内有数の都立公園です。その代々木公園では春になると桜のお花見スポットとして賑わいを見えてくれます。

約600本の種類豊富な桜(ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ウワミズザクラなど)が、代々木公園には咲いています。

そんな代々木公園ではお花見の場所取りは、毎年繰り広げられていますね!

そこでお花見の場所取りについて詳しく紹介していきます。これなら簡単!?に場所取り出来るかもしれませんよ。また夜桜のライトアップ情報などもお伝えしていきますので、参考にしてください。

お花見の場所取りについて

hideさん(@grv1174)がシェアした投稿

代々木公園ではお花見のために毎年、激しい場所取りがありますね。特に原宿駅方面から来る人が多いこともあってそちらの入り口付近は大混雑必須ですね!

特に宴会やアルコールが沢山入る人達が陣取る感じになっています。

ただ、代々木公園は広いですので全てが埋まるという事ではありません。入口に近くなくても良いのであれば奥にいけば問題なく場所は空いています。とは言っても、土日などのお昼過ぎに行くと流石に厳しいかもしれませんね。

朝一から並ぶのでしたら、どこでも問題なく取れますし、開園後すぐでしたら場所取りも可能でしょう。(場所を選ばないという条件付き)

また、原宿方面は人出が激しいので、代々木駅側からの場所取りもご検討ください。

トイレは11箇所あるようですが、トイレ近くを陣取るというのも必須かもしれませんね!

<入り口側にメリットあり!>
入り口側にはメリットがあります。出入りがしやすいですし、追加の買い出しも行きやすいんですよね。また、お花見しながらデリバリーを注文する際などには受け取りやすいという大きなメリットがあります。

ですから、入り口付近でのお花見を検討しているのでしら、東京メトロ千代田駅側の西門側をご検討ください。

ライトアップした夜桜鑑賞は可能?

代々木公園ではライトアップは実施されていません。

街灯の灯りはあるものの、ライトアップのような派手なものにはなっていませんので残念です。また基本的には24時間開放ですが、前日からの場所取りなどは暗に厳禁とされています。

公園は無料で開放しっぱなしですから、ホームレスなどが居て実は治安が良いとは言えません。よほどの事が泣けば大丈夫でしょうが、女性などの夜間の立ち入りは止めておきましょう。

早朝に出向いて数名での場所取りが定石ですね。おトイレなんかも無理せず行けますので、複数人は必須です。

まとめ

代々木公園でのお花見の場所取りについて、ご理解いただけたでしょうか?

場所を選ばなければ、どこかでお花見することは可能です。混雑するのは基本的に入り口付近だということですね。

また、代々木駅方面からのアクセスが、混雑を避けるのにはおすすめと言えそうですね。

それでは2019年の代々木公園の桜鑑賞、宴会をお楽しみください!

こちらの記事もおすすめ!