Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

田代未来(柔道)が可愛いと話題に!wiki風プロフィール(中学高校)紹介!

[adsense_1]

 

今回は、女子柔道選手の『田代未来(たしろ みらい)』選手について記事にしました!最後まで付き合いください。

女子62キロ級で活躍する田代未来選手は、可愛いと評判にもなっているツヨカワ女子なんですよね♪

最大にして最高の目標としているのは、東京オリンピック出場&金メダルでしょう!

それでは、【田代未来(柔道)が可愛いと話題に!wiki風プロフィール(中学高校)紹介!】について記事を紹介いきます。

[adsense]

田代未来のwiki風プロフィール紹介!出身や身長、中学高校は?

まずは、田代未来のプロフィールを紹介します↓

名前:田代未来(たしろ みく)
生年月日:1994年4月7日
年齢:24歳(”18年9月現在)
星座:牡羊座
血液型:A型
出身地:東京都八王子市
身長:163センチ
体重:63キロ
中学:相模原市立相原中学
高校:淑徳高校
得意技:内股、大内刈、小外刈、寝技
世界ランキング:4位(”18年9月現在)
主な戦績:15年 ワールドマスターズ ラバト63キロ級優勝、16年 ワールドマスターズ グアダラハラ 63キロ級優勝、17年 ワールドマスターズ サンクトペテルブルク 63キロ級優勝、17年 グランドスラム 東京 63キロ級優勝

 

田代未来は世界ランキング4位(”18年9月現在)と、63キロ級で世界トップクラスの選手に位置しています。

2018年9月の柔道世界選手権日本代表にも内定していますが、世界ランキング上では日本人最上位ではありません。

最上位は、世界ランキング2位の「鍋倉那美(なべくらなみ)」選手がいます!

田代未来選手は、全日本選抜柔道体重別選手権大会ではまさかの初戦敗退となってしまいましたが、世界大会での実績が認められる形で柔道世界選手権に内定。

この結果での柔道世界選手権内定というのは、少し疑問が残るところです…柔道は日本で負けていても世界で勝っていればかなり優遇となります。

こういった大切な大会に調子を合わせられないのも、世界大会で活躍出来るか重要なファクターだと思っています。

特に、オリンピック代表決定戦のような大会では尚更。今回のように、1回戦敗退となればどんなに世界大会で実績があってもケチがついてしまいますので、しっかり勝って代表を決めて欲しいですね!

とは言え、柔道世界選手権の日本代表に内定したからには、優勝を勝ち取ってもらいたいものですね。

<柔道世界選手権63キロ級ライバルチェック!>
9月の柔道世界選手権63キロ級の最大のライバルとなるのが、フランスの「クラリス・アグベニュー」です。

この選手とは、国際大会で5度の対戦がありますがまだ一度の勝ったことがない難敵です!

トーゴ系フランス人のアグベニュー選手ですから、パワーは十分でスピードについても世界トップの選手と言えます。

この選手に勝たなければ、世界一の称号を勝ち取るのは難しいでしょう。

まとめ

今回は、柔道62キロ級で活躍する田代未来選手について記事にしてきました!

最大の目標は東京オリンピックになるはずです!世界大会での実績は同階級の中でも一番と言えるので、あとは国内のライバルにきっちりと勝って代表内定と行きたいところ。

2018シーズンは優勝がありませんので、自信を深めるためにも早く勝ちきって欲しいものです!

今後も、田代未来選手の活躍に期待しながら記事を更新していきたいと思います。

[adsense_3]

 

<関連記事>

阿部詩(柔道)のかわいいインスタ画像まとめ!wiki風プロフィール(中学高校)&兄情報

国体2018(福井)柔道・男女の日程・組み合わせ&結果速報!