スポーツ

田村俊介(明徳義塾中)wiki風プロフィール!身長体重/高校進路予想

今回は、明徳義塾中の中心プレーヤーでもある「田村俊介」選手について記事にしました!最後までお付き合いください。

田村俊介選手は、9月16日に放送された桑田真澄と谷繁元信の超レジェンドバッテリーの一打席勝負の戦いにチャレンジしています。

明徳義塾中学ということなので、現在は軟式野球をしていますがその実力は折り紙付きで今後は活躍の場を高校野球の硬式野球の舞台へと移していきますので、楽しみですね!

それでは、『田村俊介(明徳義塾中)wiki風プロフィール!身長体重/高校進路予想?』と題して記事を紹介していきますので、チェックしてみてください。

田村俊介(明徳義塾中)のwiki風プロフィール紹介!身長体重は?

まずは、田村俊介選手のプロフィールを紹介します↓

名前:田村俊介(たむら しゅんすけ)
生年月日:調査中
年齢:調査中
身長:175cm
体重:78kg
出身地:京都府
中学:明徳義塾中学
野球経歴:共楽少年野球クラブ⇒明徳義塾中学
ポジション:投手、一塁手
投打:左投左打

2018年8月に開催された「第35回記念全日本少年軟式野球大会」では、キャプテンとしてチームを引っ張り決勝戦まで進みましたが、惜しくも兵庫中学校にタイブレークで破れ準優勝となっています。

ちなみに、明徳義塾中学にはもう一人素晴らしい選手が在籍していますが、最速143キロ・関戸康介投手です!田村選手との全国トップレベル2枚看板は強烈ですよね。

残念ながら、全国大会での優勝は果たすことが出来ませんでしたので、高校での全国制覇を夢見ているのではないでしょうか。

田村俊介選手の進路を考察…どこの高校に行くのか?

明徳義塾中学に在籍している田村俊介選手の進路予想ですが…明徳義塾高校ですよね(笑)

おそらく、多くの方が予想していると思いますが明徳義塾中⇒明徳義塾高校はエスカレーター式で、軟式野球をやっていた中学生だとしても、レベルは高いので高校に入れば即戦力クラスがゴロゴロいるはず。

現に、2018年のエースで高校日本代表にも選出された「市川悠太」投手は、中学軟式野球上がりでした。

よって、超名門校の明徳義塾であっても、中学軟式野球上がりはゴロゴロいるので全く問題はありません。

そもそも、京都からわざわざ明徳義塾中学に入ったということを考えれば、高確率で明徳義塾高校に進学すると思われます。

よほどのことが無い限りは明徳義塾高校一択で間違いないでしょう!

先程お話した、同僚の関戸康介投手と明徳義塾高校に進めば強力なタッグとなり甲子園出場も確実でしょう!!

と言いたいところなのですが、実は超強力なライバルが高知県内にいます。

それが、高知中学で同じく軟式野球をしている「森木大智」投手です。知る人ぞ知る、中学軟式野球界最高の投手と呼び声が高い選手です!

その理由が、MAX150キロという超強烈なストレートを持ち、軟式野球の春夏連覇を達成しているからです。

そんな森木大智投手が、高知中学ですからエスカレーター式に考えれば同県内の高知高校に進学することが考えられます。

もしも、本当にそうなったらいくら名門の明徳義塾とあっても簡単には甲子園へ出場することは出来ないでしょう。

打倒・森木投手を胸に明徳義塾高校に進み、高知県内のライバルを倒して甲子園の大舞台に上がっていくのか、楽しみなところです!

今後も、田村俊介選手の進路について情報を集めてコチラにアップしていきたいと思います!

まとめ

今回は、明徳義塾中学軟式野球のキャプテンとして、全国少年軟式野球大会で準優勝に輝いた「田村俊介」選手について記事にしました。

超名門中学ということで、軟式野球とは言えハイレベルな野球を経験してきたはずです。

高校野球で甲子園に立つことを夢見て、中学から硬式野球に取り組んでいる球児も多い中で全国トップレベルの軟式野球から硬式野球へと舞台を移して行きますが、どのような活躍を見せてくれるか楽しみです!

一年生からバリバリのレギュラーとなれるのか?それとも、高校野球の先輩たちの壁に合うのか?楽しみは尽きませんが、今日はココまでにしておきます。

 

 

<関連記事>

仲田唯憲(浦添ボーイズ)wiki風プロフィール!中学や身長体重/高校の進路予想!

長堀翔(東練馬リトルシニア)wiki風プロフィール!中学や身長体重/高校の進路予想!

こちらの記事もおすすめ!