昭和記念公園の桜2019のお花見情報(見頃や開花状況)!夜は混雑する?

昭和記念公園では最盛期には約1500本もの桜が咲き誇る、都内有数のお花見スポットで人気の高い場所のひとつになっています。また広大な敷地も魅力のひとつにですね。

そんな昭和記念公園の2019年のお花見情報について記事にしています。また、ライトアップされた夜桜を鑑賞する事が出来るのか?気になったので調べてみました!

昭和記念公園でお花見をする予定のある人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

2019年の昭和記念公園お花見の開花情報、見頃について

2019年の昭和記念公園のお花見情報をお伝えしていきます。

2018年は3月23日に開花しました!

まずは気になる開花予想、見頃についてです。昭和記念公園では例年3月下旬ごろから4月中旬ごろに開花を迎えています。

2018年ウエザーニューズ社から桜の開花予想が発表されていますが、そちらの情報によりますと開花予想日が3月23日、満開日が3月29日と変更になりました。

2018年3月27日現在:満開間近となっています!

ですから、見頃は3月28日頃から4月3日頃となりそうですね!上手く、土日とかぶってくれそうです(^^)

開花予想日が3月24日、満開が4月3日となっています!

開花状況の詳細はこちら⇒
https://weathernews.jp/s/sakura/spot/4404/index.html

東京都内でも、3日ほど満開予想日が遅くなっているのが特徴です。都内で満開を迎えても、昭和記念公園では五分咲きなんてこともありますので、開花状況はチェックしておきましょう。

ライトアップ夜桜の鑑賞は無し!

かつてはライトアップ夜桜の鑑賞も可能だったようですが、近年では昭和記念公園の夜桜鑑賞は出来なくなってしまったようですね。

閉園時間が17時と結構早めに閉まってしまうようですし、無断で立ち入る事もまずできませんので夜桜鑑賞は諦めましょう。

昭和記念公園では日中のお花見を含めての自然鑑賞をメインにしていますので、気持ちの良い青空と太陽、そしてお花を満喫する場所として利用してください。

と、言うことで夜の混雑はまずありえませんね^^;

<屋台などの出店はあるの?>
お花見と言えば屋台ですが、一般的な屋台というのは残念ながらありません。昭和記念公園として営業しているレストランが3店舗、カフェが1店舗、売店が2店舗あります。

本格的な料理から、軽食まで何でも食べれますので最悪食べ物を持って行かなくても問題ありません。

バーベキューをしながらお花見も!

昭和記念公園ではバーベキューを楽しみながら、お花見(数は少ないです)も出来る都内では数少ないスポットとして人気も高いんですよね!ただし園内の指定された場所のみとなっているので、注意が必要です。

基本的にバーベキューを楽しみたい場合、器材や食材の準備の必要がありません。事前予約さえ行っておけば、手ぶらで行っても楽しむ事が出来ますので利用してみましょう。

お花見の季節に合わせて、予約も多くなる事がありますので早めに予約をしておきましょう!

バーベキューの詳細はこちら⇒
http://www.showakinen-koen.jp/facility/facility_bbq/

アクセス情報

昭和記念公園へのアクセス情報をお伝えしていきます。

<車>
・中央自動車道国立府中ICより約10km。

<電車>
・最寄り駅はJR青梅線の西立川駅より徒歩2分

<駐車場>
全部で3箇所「立川口」「西立川口」「砂川口」があり、最も大きな駐車場が立川口で普通車約1750台が駐車出来ます。

ただし、混雑期にはこれらの駐車場が全て満車状態になる場合もあるそうです。その場合には一般駐車場へ回されてしまう恐れもありますのでご注意ください。

アクセス情報の詳細はこちら⇒
http://www.showakinen-koen.jp/access/

基本的に昭和記念公園へのアクセスは公共交通機関を利用した方が移動もしやすいですし、混雑回避もできます。満開期の土日ともなればかなりの混雑が予想されますの気をつけてください。

まとめ

いかがでしたか?昭和記念公園では楽しくお花見を出来そうですよね!日中のみですが、十分に楽しめるスポットもありますので問題なさそうですね。

ゴミゴミしたお花見スポットではありませんので、どちらかというとゆったりと過ごしたい人にはオススメです。

また、フラワーフェスティバルというイベントも開催されていますので、そちらもお楽しみください。土日には音楽イベントなどの開催もありますよ!

 

こちらの記事もおすすめ!