スポンサーリンク

スラックライン・須藤美青のwiki風プロフィール!出身中学・高校や経歴を紹介

スポンサーリンク

今回は、スラックラインの『須藤美青(すどうみお)』さんについて記事にしましたので、最後までお付き合いください。

2017年のTBS「KUNOICHI」や2018年「モニタリング」などにも出演して、話題となった須藤選手。

2019年元日には、日テレ系番組「ウルトラDASH」に出演し、神技を披露してくれるそうなので楽しみですね!

須藤美青のwiki風プロフィール紹介!出身中学・高校やその他情報

名前須藤美青(すどう みお)
生年月日1999年11月28日(平成11年)
年齢19歳(”19年1月現在)
星座いて座
血液型 
中学栃木県宇都宮市宝木本町
高校作新学院(栃木)
身長 
体重 
スタイルグーフィー(右足前)
 

<須藤美青の経歴>

[国内]
2018年
12月/愛知・SLACKLINE FREESTYLERS in FIELDSTYLE 2018 : 女子の部 4位
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
7月/岩手・Gibbon Cup : 女子の部 優勝
5月/東京・Japan Beach Games® 2018 : 女子の部 優勝
4月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 優勝

2017年
10月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 4位
9月/長野・Slackline World Cup Japan : 18位
8月/愛知・OCEANSLACKLINE ProfessionalGames 2017 : 4位
4月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 3位
3月/東京・SLACKLINE FREESTYLERS in TOKYO outside festival 2017 : 女子の部 準優勝

2016年
10月/福岡・Gibbon Cup : 女子の部 3位
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 優勝
6月/山梨・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
5月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 優勝

2015年
10月/長野・Gibbon Cup : 女子の部 3位
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
8月/山梨・Gibbon Cup : 女子の部 3位
6月/高知・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
5月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 3位

2014年
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
8月/高知・Gibbon Cup : 女子の部 優勝
6月/愛知・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
5月/東京・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝

2013年
11月/静岡・Mt.Fuji SLACK&SNOW JAM in Yeti : 女子の部 優勝
11月/愛知・Gibbon Cup : 女子の部 準優勝
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship : 女子の部 準優勝
8月/高知・Gibbon Cup : 女子の部 優勝

2012年
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship :ジュニアの部 準優勝

2011年
9月/東京・Nippon Open Slackline Championship :ジュニアの部 準優勝

[海外]
2018年
7月/ア・コルーニャ・Street Stunts Slackline competition : 12位
6月/ベイル・GoPro mountain Games Pacifico International Slackline Invitational : 出場

2017年
6月/ベイル・GoPro mountain Games slackline worldcup in Vail : 出場

2016年
7月/ミュンヘン・GLOBETROTTER WORLD SLACKLINE MASTERS : 女子の部 優勝

2015年
7月/ミュンヘン・GLOBETROTTER WORLD SLACKLINE MASTERS : 女子の部 準優勝

[OTC]
2017 ONLINE TRICKLINE CHAMPIONSHIPS : 女子の部 優勝
2015 ONLINE TRICKLINE CHAMPIONSHIPS : 女子の部 準優勝

[ランキング]
2017年 世界ランキング 女子の部 世界一
2014年 世界ランキング 女子の部 世界一

https://www.exaler.com/より引用

須藤選手は、2014年と2017年に発表された世界ランキングで1位を獲得している世界トップのスラックラインプレーヤー!

スラックラインのキャリアをスタートさせたのが、小学5年生のころ。最初は、スラックラインではなくクライミングをしていた須藤選手。

しかし、クライミングが上手くなり大会出場目前というところで股関節の怪我をしてしまった。クライミングのために通っていたスポーツジムだったが、そこでスラックラインが出来ることを知りのめり込んで行くことに。

最初は積極的にはなれなかったそうで、母親がスラックラインをする姿を見ているのが主だったとか…しかし、スラックラインの大きな大会でレベルの高い技を見て刺激をうけた須藤選手。

そこからドンドンとスラックラインに没頭するようになり、みるみる内にトップ選手へと成長。

スラックラインとはどんな競技?楽しみ方は?

スラックライン(英: slacklining)とは、ベルト状のラインを利用したスポーツの一種である。

スラックライン専用のラインが市販されており、幅2.5〜5cmで長さ15m前後のタイプが多く、テンションを張ったラインの上でバランス感覚や集中力などを鍛えることができる。

用途によって種目が異なり、主にジャンプや宙返りなどのトリックを行う種目を【トリックライン】と呼び、近代スラックラインの代表的なスタイルである。

その他、従来の綱渡りのように純粋にライン上を歩くスタイルで距離を競うものを【ロングライン】。

高さを競うものを【ハイライン】と呼び、それらは水上で行う場合【ウォーターライン】と呼ばれる。

全くテンションを張らずに乗る【ロデオライン】もある。

それらは明確なレギュレーションやルールはなくクロスオーバーした遊び方も存在する。

ウィキペディア スラックラインより引用

スラックラインは競技としてはマイナーですが、楽しみ方や遊び方が広まりつつありスラックラインを経験した方やこれから体験してみたいと思っている方も徐々に増えてきているとか。

バランス感覚がものをいうスポーツですが、スラックラインをすることで集中力も高まって嫌なことを忘れられるというストレス発散にも活用できそうなスポーツです。

タイトルとURLをコピーしました