新宿御苑の桜2019の開花状況や見頃は?混雑や持ち込み(弁当・お酒)は?

今回は、東京都新宿区と渋谷区にまたがる『新宿御苑の桜』について記事にしました!最後までお付き合いください。

新宿御苑には約1100本もの桜が咲く、都内有数の桜の名所になります。超高層ビル群の中にある異空間を楽しむことができるスポットですね。

御苑内には約65種類もの桜が咲いていることで、桜鑑賞が約1ヶ月に渡って楽しめるのも良い点です。早咲きと遅咲きの種類があるのは大きなスポットならではですね!

そんな新宿御苑の桜の2019年開花状況や見頃についてお伝えしていきます。また混雑情報についてもお伝えしていきますので参考にしてください。

新宿御苑の桜2018の開花状況や見頃はいつ?

見頃ですが、例年ですと3月下旬から4月下旬の約1ヶ月間になります。この時期には毎日開園して、桜を鑑賞する事が可能になります。

開花状況の詳細はこちら

※2018年情報

  • 住所:東京都新宿区内藤町11
  • 料金:一般200円、小・中学生50円、幼児無料
  • 開園時間:9時~16時
  • 駐車場:200台/3時間まで500円、以降30分ごと100円

<最寄り駅>
地下鉄新宿御苑前駅・新宿三丁目駅・JR中央線千駄ヶ谷駅から徒歩5分程度
都営新宿線 新宿三丁目駅から徒歩8分程度
都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩10分程度

新宿御苑では夜間のライトアップなどは行われていません。これは照明を付けることで起きる二酸化炭素の増加に鑑みているとのことですから、半永久的に無いでしょう。環境省が管轄しているので仕方ありませんね。

基本的には、日中のみ開園されているので、満開の土日ともなれば大混雑です!

混雑ぶりもお花見のひとつ、という事でした新宿御苑でも構いません。ただし土日は避けたほうがゆっくり出来るはずです。

新宿御苑の詳細はこちら

<アクセスマップ>
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/img/2_guide/accessmap_b.pdf

新宿御苑の花見の混雑について

ツイッターから新宿御苑の花見の混雑具合をチェックしてみました↓

いやー、さすが大都市東京ですね!花見で入場制限がかかるくらいの混雑になるとは^^;

混雑は予想以上になるものとして覚悟を持って行ったほうが良さそうですね!

新宿御苑へのお酒の持ち込みはOK!?お弁当は?

新宿御苑では、お酒の持ち込みが禁止されています。かなり残念ですね!

ということで新宿御苑では、宴会をして楽しむ場所ではなさそうです。ゆっくりと開放感を味わって過ごす場所に適しています。ですから、お花見をしながら宴会を!と考えている方には新宿御苑はオススメできません。

ただし、こっそりと持ち込みをしている方もいるとかいないとか。持ち込み品のチェックを行っているので、水筒などに隠して持ち込んでいるのでしょうか。

でもどんちゃん騒ぎしてしまうとバレてしまうので、結局の呑んでいたとしても静かに呑んでいるはずです。

お酒はダメですけど、お弁当はOKのようですね!お弁当を持ち込んで、桜を観ながら食べている方も多いようです↓

まとめ

新宿御苑ではアルコール類の持ち込みは禁止されていますし、BBQなども禁止されています。お花見をするにはちょっと寂しい印象を持ってしまうかもしれません。

ですが、ゆっくりと開放感を感じながらお花見をしたいと言う人にとっては、最高のスポットだとも言えます。

 

Keika Miさん(@keika819)がシェアした投稿

環境省管轄の公園ですから整備も行き届いていて、気持よく過ごすことができるはずです。

超高層ビル群に囲まれた中にある新宿御苑で桜を見ていれば、時間の経つのを忘れて穏やかに過ごすことができるオススメスポットですね

また、花より団子ですからお弁当などはしっかり持参しておきましょう。

 

こちらの記事もおすすめ!