長瀞の桜2019の開花予想や見頃は?夜桜のライトアップはあるの?

長瀞(ながとろ)の桜は日本さくら百名選にもなっている桜の名所スポットです。その長瀞の桜ですが約3,000本もの樹があり、見応え充分で人気も高くなっています。

エドヒガンザクラは実に200余年もの樹齢となり、歴史あるお花見スポットでもあります。

そんな長瀞の2019年の桜の開花情報や見頃についてや、夜桜のライトアップについての情報を記事にして掲載しています。是非、参考にしてみてください。

2019年の長瀞の桜<開花情報と見頃について>

Ayumiさん(@a.yu19s)がシェアした投稿

長瀞の桜の見頃についてですが、例年ですと4月上旬から4月下旬ごろに見頃を迎えています。ただ、長瀞全体の見頃ですので、各所によっては見頃の時期が違ってきます。

場所別に見頃の紹介をしていきますので、参考にしてください。

・野土山(桜の里) 4月上旬から中旬
2ヘクタール(200m×100mの面積)もの広大な場所に桜の樹が咲き乱れています。

・通り抜けの桜(有料) 4月中旬から下旬
約500本の八重桜を楽しむ事ができ、最盛期にはライトアップもあるオススメスポットです。

・北桜通り(桜のトンネル) 4月上旬から中旬
おおよそ2.5キロに約400本の桜の樹が咲き渡っている、お花見スポットです。

・南桜通り 4月上旬から中旬
おおよそ1.5キロに約200本の桜の樹がなっています。

・法善寺しだれ桜 4月上旬
このしだれ桜は実に見事で、大きさもあるので見応えがある桜です。

・大手の桜 4月上旬
樹齢200余年のエドヒガンザクラが咲いているお花見スポットです。

・宝登山参道及び山麓 4月上旬から中旬
宝登山神社へ行く通り沿いに桜の樹が連なっています。

開花情報はこちら⇒
https://www.nagatoro.gr.jp/category/flower_topics/flower_sakura/

https://weathernews.jp/s/sakura/spot/98/index.html

長瀞の一般的な桜の開花予想は、3月31日に開花、4月5日満開と予想されています。

長瀞の桜のライトアップ情報&アクセス情報

長瀞では通り抜けの桜・北桜通りでライトアップされた夜桜の鑑賞が出来ます。時間は17時ごろから21時ごろまで、満開期に開催されています。

ライトアップされた夜桜鑑賞もお楽しみください。

<アクセス情報>
長瀞へのアクセス情報です。まず電車でのアクセスですが「秩父鉄道長瀞駅下車」になります。車ですと、「関越道花園IC」から約35分となります。

駐車場については長瀞周辺に約1000台分のスペースがあります。

まとめ

長瀞町の桜の楽しみ方は沢山あります。まずお伝えしように、たくさんスポットありますのでぐるっと回ってみたりするのがオススメですね!

また余裕がある場合には「宝登山ロープウエイ」を使って、宝登山(ほどざん)山頂へ行ってみましょう。長瀞町を一望する事ができますよ。

 

こちらの記事もおすすめ!