又兵衛桜2019年の開花予想や見頃情報!駐車場は混雑しそう?

奈良県宇陀市にある「又兵衛桜」は樹齢300余年と言われている歴史ある、有名な日本の桜のひとつです。

ですから、一番の見頃を逃さないためにも開花情報などは、すごく大切な情報ですよね?

その又兵衛桜の2019年の開花情報や見頃について記事にしています。また駐車場などのアクセス情報やライトアップ情報も掲載していますので是非参考にしてください。

又兵衛桜2019年の開花情報と見頃について

見頃については例年は下記のようになっていました。2011年から2015年までを見ると3月に満開を迎えることはありませんでした。基本的には4月上旬が見頃とされています。ただし、暖冬になれば早く咲くことも予想されます。

2011/4/6開花、4/14満開
2012/4/9開花、4月16満開
2013/3/24開花、4月3満開
2014/3/31開花、4月6満開
2015/3/31開花、4月6満開

見頃は満開を迎えてから約5日程度だと言われています。満開前からでも見頃を迎えてはいますので約7日程度は見頃の時期があると言えますね。

ただし、雨が降ったり強風によって一瞬で見頃が終了してしまう事もありますのでご注意ください。

又兵衛桜の2018年の開花情報についてですが、下記のサイトにて随時確認する事が出来ます。

2018年3月27日現在4月1日開花予想

開花情報の詳細はこちらから⇒
http://weathernews.jp/sakura/pinpoint/?id=6412

<ウエザーニューズ社の開花予想について>
・開花予想日
・満開

アクセス情報

まず駐車場ですが、開花時期に合わせて臨時駐車場が設置されています。キャパは約500台分で、料金が普通500円が徴収されるそうです。こちらは、現地にて再確認してください。

また混雑期には交通規制が入り、一方通行などになる区間も出てきます。行動には余裕を持っておいてください。予定よりもかなり遅く到着してしまうこともあります。

大混雑も予想されますので、出来れば平日をオススメします。

詳しいアクセス情報はこちら⇒
http://www.city.uda.nara.jp/sin-kankou/guide/flower/f01.html

<所在地>
奈良県宇陀市大宇陀本郷

<又兵衛桜周辺の地図はこちら>

ライトアップはされているの?

又兵衛桜ですが夜間のライトアップですが、残念ながら行われていません。かつては綺麗にライトアップされた又兵衛桜がとても素晴らしかったのですが。仕方ありませんね。

復活するかしないかは、宇陀市にかかっています!としか、現時点は言えません。

ただ、日中でも十分に見応えのある桜ですし、満開期には桜まつりもあるそうなので楽しみですね。屋台などの出店は基本的には期待できません。お土産などは近くの道の駅でお買い求めできるとの事です。

まとめ

別名「本郷の瀧桜」とも言われている又兵衛桜。由来は後藤又兵衛と言われる戦国武将から来ています。

かつて後藤又兵衛がこの地に落ちのびて、その地で一生を遂げることになりました。その地には又兵衛ゆかりのものが沢山あったことから、桜を又兵衛桜と言うようになったそうです。

例年8万に程度の人がこの桜を目当てに訪れる、奈良県最高峰の桜の名所になります。たった1本のしだれ桜でそれだけの人を呼べるというのは凄い事ですよね!

同じ奈良県内には桜の人気スポット『吉野山の桜』がありますが、どちらも行ってみたいところです♪

 

<関連記事>

夙川の夜桜は2018年はライトアップ情報!開花予想や見頃はいつ?

こちらの記事もおすすめ!