スポーツ

マデロケンジ(陸上)のwiki風プロフィール紹介(国籍や両親)!高校は作新学院

[adsense_1]

 

今回は、3月11日放送のビートたけしのスポーツ大将でリレー対決をする『マデロ・ケンジ』さんについて記事にしました!最後まで付き合いください。

マデロ・ケンジさんは全中200mで優勝を果たしている日本一中学生です。

ビートたけしのスポーツ大将には以前も出演して、ハンデキャップ方式で『藤光謙司』さんや、機械の暴流闘(ぼると)くんと対決をした事もある選手です!

その時には、藤光謙司さんには負けてしまいましたので、今回はリベンジなるか!?というところですね。

それでは、【マデロケンジ(陸上)のwiki風プロフィール紹介(国籍や両親)!高校は作新学院】について記事を紹介いきます。

[adsense]

マデロ・ケンジのwiki風プロフィール紹介!国籍や成績は?

まずは、マデロ・ケンジさんのプロフィールを紹介します↓

名前:マデロ・ケンジ
国籍:アルゼンチン
生年月日:2002年10月11日
年齢:15歳(”18年9月現在)
星座:天秤座
血液型:O型
中学:佐野市立城東中学校(栃木)
高校:作新学院高等学校(栃木)
主な成績:2017年 全日本中学校陸上競技選手権 200m 優勝、17年 ジュニアオリンピック 100m 3位
持ちタイム:100m「10秒80」、200m「21秒66」

マデロ・ケンジさんはハーフと思われていましたが、実はアルゼンチン国籍でした。ご両親がどちらもアルゼンチン人の方のようですね。4歳の頃に家族で日本に移り住んだんだとか!

日本短距離界のエースでもある『ケンブリッジ飛鳥』選手は、ジャマイカ生まれですがお母さんが日本人であることや日本で育ったので国籍としては日本人になります。

マデロ・ケンジさんの場合には、ご両親がアルゼンチンの方になるので日本国籍を取得するなら帰化する必要がありますね。将来的には、日本国籍を取得して日の丸を背負って走る姿が見れるのでしょうか(^^)

ちなみに、マデロ・ケンジさんの200m持ちタイム「21秒66」は中学生歴代記録で10位に入る好タイムです!

高校に上がって順調に記録を伸ばせていければ、日本選手権の決勝でマデロ・ケンジさんの走りを見れる日のそう遠く無いかもしれません!期待したいですね(^^)

余談ですが、マデロ・ケンジさんは全日本中学校陸上競技選手権では100mと200mの2冠の期待がかかっていました。ですが、まさかの準決勝でフライング失格となる大失態を犯してしまいました。

これで2冠は夢と消えたのですが、記録だけ見れば優勝出来たタイムだっただけに残念でした^^;

まとめ

今回は、2017年の全中200mで好タイムで優勝を飾ったマデロ・ケンジさんについて記事にしましたが、いかがでしたか?

マデロ・ケンジさんが目標とする選手は、100mで世界トップ選手の『ジャスティス・ガトリン』選手だとか。オリンピックや世界選手権を制しているガトリンのようになる日が来るかもしれませんね♪

2018年のインターハイでは、マデロ・ケンジという名前を見つける事が出来るかも(^^)個人的には、更に爆発的成長を遂げていくような気がしてなりません!

体格が大きくなればもっともっと記録を伸ばしていけると思いますし、日本短距離は激熱なくらい選手層が厚いので目標となる選手が近くにいれば成長もしやすくなるはずです。

脚の故障には気をつけてもらいながら、高校での活躍を期待したいと思います!

本日も最後まで、ご愛読くださりありがとうございました。

[adsense_3]

 

<関連記事>

重谷大樹(陸上)のwiki風プロフィール紹介!出身地や成績は?

国体2018(福井)の陸上競技種目別日程と結果速報!注目の競技と選手紹介

こちらの記事もおすすめ!