錦帯橋の桜2019の開花予想や見頃はいつ?ライトアップと夜桜情報

山口県岩国市にある、日本三大名橋にも数えられている「錦帯橋」では、桜の季節になると約3000本もの樹が観光客を楽しませてくれます!

そんな錦帯橋でお花見をしたい!と考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで2019年の桜の見頃や開花状況に関して、夜桜のライトアップがされているのかに関して、アクセス情報に関してなど、様々な情報をこちらで提供していきます。是非、お花見の参考になれば幸いです。

錦帯橋の桜の見頃や開花状況はどうなってるの?

錦帯橋では例年通りであれば、3月下旬から4月上旬に見頃を迎えています。まずは例年の開花状況をご確認ください。

  • 2005年4月9日
  • 2006年4月8日
  • 2007年4月3日
  • 2008年4月8日
  • 2009年4月5日
  • 2010年4月7日
  • 2011年4月8日
  • 2012年4月9日
  • 2013年4月1日
  • 2014年4月1日

以上のようにココ最近では全て4月になってから見頃を迎えていますね。ただし、約1週間程度の誤差も生じていますが、やはり天候に左右されてしまうので仕方ありませんね。

ただし、天候次第ですので、開花状況はしっかりとチェックしておいてくださいね。

開花状況の詳細はこちら⇒
https://weathernews.jp/s/sakura/spot/384/

2月15日現在、ウエザーニューズ社の開花予想日が3月28日、満開予想が4月4日となっています。

3月27日現在、ちらほら咲いている状態です。満開日が4月2日となり、予想が早まっていますね!

夜桜はライトアップされてるの?

錦帯橋ではまず、錦帯橋自体がライトアップされていますので、橋を通ることが可能です。また、夜桜に関してはライトアップというよりもぼんぼりを使って幻想的に見せてくれます。

錦帯橋と夜桜を照らすぼんぼりが良い感じでコラボレーションして、綺麗に魅せてくれるはずですよ!

期間:2018年3月16日~6月1日まで

時間:日没から22時頃まで

アクセス情報

錦帯橋へのアクセス情報を掲載しています。

所在地:山口県岩国市岩国

<車>
・山陽自動車道岩国ICより約10分

<電車>
・JR山陽本線岩国駅よりバス約20分「錦帯橋」下車

・山陽新幹線新岩国駅よりバス約28分「錦帯橋」下車

満開期、特に土日はハイシーズンとなりますので、駐車場は大混雑します。遅くに行くと停められない可能性がありますので、午前9時までには到着しておきたいところですね。

到着が遅くなれば駐車場に入庫するだけでも、かなりの時間を要してしまう事もあるそうです。時間帯的には早く行って早く帰る、夕方以降の遅くに行って遅く帰る、というパターンが混雑に巻きこまれない方法です。

駐車場スペースは4箇所、合計550台程度停めることが出来ます。ただし、錦帯橋のお花見は人気がありますのでスペース的には十分といえません。とにかく混雑や渋滞がイヤな人は時間帯に気をつけましょう!

駐車場情報はこちら⇒
http://www.iwakuni-kanko.com/guide/parking/index.php

錦帯橋ってどんなところ?

錦帯橋ですが、山口県を代表する観光地でお花見の季節には約40万人もの出足があるとされています。

そんな錦帯橋は見た目が特徴的な5連アーチ型の橋となっています。大きさは約200メートルもありますので、かなり見た目も良い感じです。

何度も修復を繰り返していますが、最初に錦帯橋が出来たのは1673年と江戸時代前半ですから、かなり凄いですよね!桜の季節じゃなくても、錦帯橋には一度は訪れておきたいスポットですね。

ただ悲しいのは最初に建設された翌年の1674年には、早くも1回目の流失が記録されています。この時は洪水によってとのことで、さぞや悲しかったと想像されます。そんなことでもめげずに再建して、そこからは約250年間壊れることなく地元住民の架け橋となっていたそうですね。錦帯橋には汗と涙と喜びが詰まっていると言えます。

まとめ

錦帯橋の桜についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?2019年は例年通りの開花予想がされていますので、4月に入ってから見頃を迎えそうですね。

これまで行ったことのある人も、まだ行ってなくて検討中のかたも2019年の錦帯橋の桜を堪能してください!

こちらの記事もおすすめ!