海津大崎の桜2019の開花時期や見頃は?お花見クルーズ船がオススメ!

滋賀県の琵琶湖の北に位置する海津大崎では約800本の桜の樹を楽しむことができる、滋賀県随一のお花見スポットです。来場者も約10万人とかなりの人で混雑したりもします。

そんな海津大崎の2019年の桜の開花予想って気になってしまいますよね?

そこでこの記事では、開花予想や見頃情報に加えて、お花見船や夜桜情報、海津大崎のプチ情報などをお伝えてしていきます。海津大崎へお出かけになる際に役立てば幸いです。

海津大崎の桜2019の開花時期や見頃は?

2018年の開花予想や見頃についてです。まずは例年の開花状況を見てみましょう。(日にちは開花日⇒満開日の順)

  • 2016年4月3日⇒4月8日
  • 2015年4月3日⇒4月9日
  • 2014年4月5日⇒4月11日
  • 2013年4月5日⇒4月11日
  • 2012年4月13日⇒4月17日
  • 2011年4月9日⇒4月15日
  • 2010年4月4日⇒4月10日
  • 2009年4月3日⇒4月10日
  • 2008年4月6日⇒4月12日
  • 2007年4月4日⇒4月11日
  • 2006年4月12日⇒4月17日

満開初日だけ見ると、4月中頃が見頃と言えるのではないでしょうか。もちろん天気に左右されやすい花ですから、開花状況は随時確認するようにしておきましょう。

滋賀県彦根市の開花よりも3日ほど遅れて開花するのも特徴です。

開花状況の詳細はこちら⇒
https://weathernews.jp/s/sakura/spot/288/index.html

ウエザーニューズ社発表によりますと、開花予想日が4月5日、満開日が4月10日予想となっています。

お花見船が人気!ライトアップ鑑賞は?

海津大崎ではお花見船が大人気になっています。もちろん琵琶湖を遊覧するお花見船ですが、出航場所が色々ありますので海津大崎まで出向く必要はありません。

船内では食事も可能ですから、ゆったりと遊覧しながらお花見をしつつ、お腹を美味しいもので満たす!これ以上の贅沢なお花見の仕方はありませんね。

陸上ではいつでもお花見できる機会はありますが、船に乗ってお花見を出来る場所は滅多にありません。関東では隅田川や大岡川などで楽しめますが関西ではありません。

船と行っても琵琶湖ですから海のように荒れる心配もありませんので安心ですね。

いつもと違うお花見の仕方をと考えているのでしたら、こちらのお花見船を検討してみてはいかがでしょうか?

お花見船の詳細はこちら⇒
http://takashima-kanko.jp/sakura/ship.html

<ライトアップ鑑賞について>
海津大崎では夜桜のライトアップは基本的に行っておりません。出店などで明るくなっている場所もありますが、全体的なライトアップはしていませんので夜は鑑賞に適していません。

夜桜のライトアップ目的では、海津大崎は適しておりません。日中の鑑賞をお楽しみください。

アクセス情報

海津大崎へのアクセス情報を掲載しております。

所在地:滋賀県高島市マキノ町海津

<車>

基本的に駐車場は用意されていません。数台分のスペースや道端に駐車している方がいます。基本的には道沿いへの駐車は禁止されていたりしますので、公共交通機関を利用してアクセスしましょう。

また満開シーズンには周辺道路の渋滞もあり、通行規制もかかってしまったりもします。渋滞でかなりのストレスとなってしまわないためにも、電車やバスを利用してください。

<電車>
JR湖西線マキノ駅から

アクセス情報はこちら⇒
http://takashima-kanko.jp/sakura/traffic.html

まとめ

海津大崎は琵琶湖国定公園の一つに指定されていて、琵琶湖八景の一つにもなっている名所です。

琵琶湖沿いの岸壁に並び立っている桜並木は、関西でも人気の高いスポットとなっています。海津大崎に訪れる大半の方は桜シーズンに来られる方が多いです。

関西、滋賀県を代表するお花見スポットの海津大崎!普通に琵琶湖沿いに咲いている桜を鑑賞するのも良いでしょうし、琵琶湖クルーズ船に乗って桜鑑賞しながら美味しいものを食べるのも良いでしょう!

海津大崎周辺では混雑してしまうので、少し離れた場所から乗船できるクルーズが良いかもしれませんね。

それでは2019年の海津大崎のお花見を満喫してください!

こちらの記事もおすすめ!