Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

石田洸介(浅川中卒)のwiki風プロフィール!中学記録連発で進路は東京農大

石田洸介

こんばんは、サムジュンです!

今回は、陸上長距離界の期待のホープ「石田洸介」さんについて記事にしました!最後までお付き合いください。

新着:期待されたインターハイですが、北関東大会1500mでは10位に終わっています。タイム的には4分5秒と石田選手にとっては平凡な記録でしたが、やはり高校生の駆け引きやペースに惑わされたのでしょうか。それとも、調子が落ちていたいのでしょうか…残念です。

日本の中長距離界を背負って立てる逸材と囁かれている、いや間違いなく逸材である石田洸介の走りから目が離せない状況ですね!進路も東京農大二高に決定しました(^^)

それでは、【石田洸介(浅川中卒)のwiki風プロフィール!中学記録連発で進路は東京農大】と題して紹介していきますのでチェックしてみてください↓

石田洸介(東京農大)のwiki風プロフィール紹介!

まずは、石田洸介さんのプロフィールを紹介します↓

名前:石田洸介(いしだこうすけ)
年齢:15歳
身長:172センチ
体重:56キロ
中学:浅川中・福岡
高校:東京農大二高

えー、生年月日などの詳しい情報は全くもって不明です^^;すいません。

ただ、面白い情報がありました!石田洸介さんは小学生のころはロードバイクレースに出場していたそうです。極力が必要なので、そこで培われた面が大きいのかもしれませんね(^^)

1月に行われた全国男子駅伝観ましたか!?石田洸介さんの走りが化物クラスでしたよね^^;実に15人抜きで、区間記録の8分14秒(3000m)とまじでヤバイ走り!従来の記録を約6秒更新しました!

他の中学生が止まっている感じで走っていましたね、あの走りには惚れ惚れしてしまいます(^^)高校生が走っているように感じたのは私だけじゃないはずです!

追記:2月4日行われた、全中クロカン3キロで大会新記録で優勝しました!東京農大に進学しても期待大です!!

中学記録連発!1500m・3000m・5000mの記録は?

  • 1500m→3分49秒72
  • 3000m→8分17秒84
  • 5000m→14分32秒44

この記録がどれくらい凄いのか?世界との差はどれくらいなのか?確認していきましょう。まずは1500mです↓

中学記録:3分49秒72(石田洸介)
世界記録:3分26秒00(エルゲルージ・モロッコ)
女子世界記録:3分50秒07(ディババ・エチオピア)
アジア記録:3分29秒14(ラムジ・バーレーン)
日本記録:3分37秒42(小林史和)

この中学記録ですが、従来の記録であった4分53秒69を4秒近く短縮しています。日本の歴代中学生で始めて3分50秒の壁を破った歴史に残る記録です。

中学記録:8分17秒84(石田洸介)
世界記録:7分20秒67(コーメン・ケニア)
女子世界記録:8分06秒11(王軍霞・中国)
アジア記録:7分30秒76(サレム・カタール)
日本記録:7分40秒09(大迫傑)

これまでの中学記録が8分19秒14でしたので約1.3秒短縮した記録になります。当面の目標記録は、高校生で唯一となる8分切り(7分59秒18)の記録を抜いていくことになるでしょう。

中学記録:14分32秒44(石田洸介)
世界記録:12分37秒35(ケベレ・エチオピア)
女子世界記録:14分11秒15(ディババ・エチオピア)
アジア記録:12分51秒96(ロップ・バーレーン)
日本記録:13分08秒40(大迫傑)

これまでの中学記録が14分38秒99でしたので約6.5秒も短縮した記録になります。

主要距離のすべて中学記録を記録した石田洸介さんの凄さがわかりますよね!ただし、日本トップ、世界レベルとは差があります。

これから順調に行くのではなく、爆発を繰り返して強くなっていくことが世界レベルへ近づく条件だと思います。

石田洸介の進路は東農大二高で決定!

これだけ注目されている石田洸介さんですから、高校の進路はかなり気になっている人も多いのではないでしょうか?私自身も進路にはかなり気になっているんですよね(^^)

進路に関しては、残念ながら公にはされていませんので、佐久長聖に行くという噂や、地元の大牟田高校ではないのか?といった情報が正しいのかは分かりません。

ただし、ツイッターで石田洸介さんの進路に関して気になる情報がありました↓

まさかの大穴!群馬の東京農業大学第二高校だとか!?確かに、高校駅伝にも出場している高校ですが、群馬に行ってしまうのでしょうか^^;

石田洸介選手ですが、東農二高に進学するのが決まっています!!

まとめ

今回は、「石田洸介」さんについて記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか?

本人もマラソンよりも中距離で勝負したいらしいので、スピードを更に磨いていくことは必須でしょうね。そのためにも早くから海外に出て欲しいという気持ちもあります。

これまでのように高校、大学と進学したのでは日本と世界レベルの差は広くなる一方だと感じています。

どういった成長を見せて、世界選手権やオリンピックで石田洸介さんが活躍してくれる日を楽しみにしています!

本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

<関連記事>

渡辺輝/きらり(陸上)が可愛い!wikiプロフィール(高校大学)や画像紹介