Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

廣中璃梨佳(長崎商)のwiki風プロフィール | 帽子がトレードマーク!気になる進路は?

女子陸上中距離界で期待されている『廣中璃梨佳』さんについて記事にしました!最後までお付き合いください。

廣中璃梨佳選手は、大きく腕を振ることで推進力を増す走りをするタイプで、これまで日本人には居ないタイプとして注目されています。

また、帽子もトレードマークとなっていて、どんな帽子をかぶってレースに臨むのかも楽しみにしているファンもいらっしゃるのではないでしょうか。

それでは、廣中璃梨佳さんのプロフィールや気になる進路について探っていきたいと思います。

廣中璃梨佳のwiki風プロフィール紹介!

名前 廣中璃梨佳(ひろなか るりか)
生年月日 2000年11月24日
年齢 18歳(”19年1月現在)
星座 いて座
身長 163センチ
出身地 長崎県
中学 桜ヶ原中学校
高校 長崎商高

<主な成績>

2016年 都道府県対抗女子駅伝 3区 区間賞、第71回国民体育大会 少年B800m 2位、少年共通1500m 3位
2017年 都道府県対抗女子駅伝 4区 区間賞
2018年 都道府県対抗女子駅伝 4区 区間記録、クロスカントリー日本選手権 ジュニア6km 優勝、アジアクロスカントリー選手権 ジュニア6km 2位、アジアジュニア 1500m 優勝、全国高等学校女子駅伝 1区 区間賞
  • 持ちタイム:800m「2分10秒67」、1500m「4分18秒71」、3000m「8分56秒29」

廣中璃梨佳さんは、中学生時代には800m全国大会において2位に入る成績を収めた全国トップクラスの選手でした。都道府県女子駅伝では3区で区間賞を獲得。

高校生になるとその実力が開花!1年生の時に、都道府県女子駅伝にて4区の区間賞を獲得。2年時には、区間記録を樹立。

3年生時には、クロスカントリー日本選手権ジュニアで優勝し、アジア大会では2位に入る好成績を収めています。

ちなみに、廣中璃梨佳さんが持っている3000mで8分56秒29です。このタイムは、ジュニア日本歴代5位に相当するタイムとなっています。

日本歴代記録では10傑からわずかに遅れをとる形ですが、高校生にしてこの記録。そして、クロスカントリーでの強さを発揮しているので将来はロードレース向きかもしれませんね。

2019年の都道府県女子駅伝でも、区間記録を再樹立する走りを期待したいところ。

廣中璃梨佳さんの活躍もあり、全国高等学校駅伝大会への出場権を見事獲得。長崎県と言えば、絶対的な存在といえる諫早高校がいます。22年連続出場を果たしていた諫早高校に勝ち、長崎商業高校は2018年に全国大会初出場を獲得。

その大会において、1区で廣中璃梨佳さんが区間賞を獲得するという実力ぶり。

廣中璃梨佳さんの気になる進路は?実業団なら日本郵政!?

廣中璃梨佳は陸上界期待の星でもあることからその進路には注目が集まっていますね。高校3年生から大学へ進むのか、実業団入りするのか、それとも海外に飛び出していくのか。

まず大学への進学について予想していきましょう。やはり、陸上競技を続けていくのであれば、強豪校に入って活躍したいところですよね。周りに強力なライバルがいれば更に実力を開花させていくことになるでしょう。

2018年の全日本大学女子駅伝では以下の大学が上位へ入っています。

  • 名城大学
  • 大東文化大学
  • 立命館大学
  • 東京農業大学
  • 松山大学
  • 京都産業大学

ジュニアでしのぎを削ってきた、高松智美ムセンビさんは名城大学に進学し活躍していますので、同じ大学に進むのか、それとも別の大学に進む道を選ぶのでしょうか。

大学進学を選ばずに、実業団入りするのではあれあ候補は以下のチームが有力と言えるでしょう。

  • パナソニック
  • 天満屋
  • ダイハツ
  • ヤマダ電機
  • ワコール
  • 豊田自動織機
  • JP日本郵政グループ

2018年の実業団女子駅伝ではパナソニックが強さを見せつけて優勝を飾っています。企業としても力があるので有力候補でしょう。

また、日本郵政グループには、鈴木や鍋島といった実力者が揃っているので個の力を磨き上げていくには最適ではないでしょうか。

2019年1月時点では、進路情報は公表されていませんが、どの道を選択するのか注目です。

まとめ

今回は、女子陸上中距離を引っ張っていくであろう廣中璃梨佳さんについて記事にしました。

2017年、2018年と高校生ながら都道府県女子駅伝において実業団選手を上回る成績を収めた廣中璃梨佳。

2020年東京オリンピックを20歳目前で迎えることになりますが、廣中璃梨佳選手がその大舞台で輝く姿を観ることが出来るのか楽しみですね!

まずは、高校生活最後となる大舞台「都道府県女子駅伝2019」の走りに注目していきましょう。