プール

ひらパーのプール料金割引法と口コミ紹介!営業時間や駐車場情報

投稿日:2018-05-11 更新日:

こんにちは、サムジュンです!

今回は、大阪府枚方市にある『ひらかたパーク』、通称ひらパーのプールについて記事にしました!最後までお付き合いください。

ひらパー兄さんで有名なひらかたパークでは夏になるとプール「ザ・ブーン」がオープンします!

ひらパー プール

だけど家族で行くと出費が多くなりがちです。『割引やクーポンはないの…?』お悩みあるあるですね。

それでは、【ひらパーのプール料金割引法と口コミ紹介!営業時間や駐車場情報】と題して、記事を紹介していきます。

ひらパーのプール情報!料金、割引法紹介

まずはひらパーの基本情報をチェックしていきましょう!

【ひらかたパーク(ひらパー)】
住所:大阪府枚方市枚方公園町1-1
お問合せ:072-844-3475
公式サイト:http://www.hirakatapark.co.jp/

・プール「ザ・ブーン」営業日時
営業日:2018年は未定
営業時間:2018年は未定

・アクセス
大阪方面より:国道1号線「中振」分岐点を京都方面へ GSを過ぎた先の信号のない側道を左折
京都方面より:国道1号線「天の川」交差点を直進し、「国道菊丘」交差点を左折
電車:京阪電車「枚方公園駅」を下車し、徒歩約3分

・駐車料金
普通車:1,500円

<利用料金を割引する2つの方法>
できるだけ安く楽しみたい!誰もが一度は考えることですよね。割引の前に基本料金を確認しておきましょう。

・基本料金(入園+プール入場料金)
おとな(中学生以上):2,300円
こども(2歳~小学生):1,300円

・プール入場料金のみ(入園券がないとひらかたパーク内に入場できません)
おとな(中学生以上):900円
こども(2歳~小学生):500円

この料金を割引する2つの方法があるので、ご紹介します。

1.ひらパーGo!Go!チケットを購入する
こちらのチケットは「入園券」「電車の乗車券」が一緒になっているお得なタイプです。京阪電車版、叡山電車版、大阪市営地下鉄版、北大阪急行版、大阪モノレール版、京都市営地下鉄版があります。

当日販売のみで、各社で料金が変わるので、詳細はこちら(http://www.hirakatapark.co.jp/otoku/)で確認ください。

このチケットにはプール入場券がついてきません。しかしチケットうりばで提示すると「おとなは200円、こどもは100円引き」で購入できます。

また園内アトラクションのフリーパスを2,700円で購入することもできます。

2.年間パスポートを購入する
プール以外にも年間を通して何度も遊びに行く人にお得な方法は「年間パスポート」です。こちらには「入園料とフリーパス」と「入園料のみ」の2種類があります。

・入園料+フリーパス
おとな(中学生以上):17,000円
小学生:14,000円
2歳~未就学児:9,000円

・入園料のみ
おとな(中学生以上):5,000円
こども(2歳~小学生):3,000円

どちらも4回以上訪れるだけで元が取れる計算になります。ひらパーでは様々なイベントを開催しているので、4回なら無理のない回数ですね。

また購入特典として「プール・ウインターカーニバルの入場割引クーポン6枚」と「入園割引クーポン4枚」がついてきます。

プール・ウインターカーニバル入場割引クーポンを使うと「おとなは200円、こどもは100円引き」で入場できます。

入園割引クーポンを使用すると1枚で5名分の入園料金が20%オフされるので、お友達と一緒に行くのもいいですね。

ひらパーのプールの口コミ紹介

ひらパーのプールに実際に行った方の口コミを引用して、掲載しています。

毎年ほど、ひらぱーに行くんです。家からも近く、なんて言っても、駅から近いのが、非常に助かるんです。車に乗れない私にとって、有りがたいとしか言えません。
しかしながら、混んでるんです。早くから、行っても入口が何カ所も有り一番乗りと思っても…プールサイドの日陰に場所を、取りたいのに、負けちゃうんです。
まぁ朝一番、プールは、まだ泳げて子供が、どこにいるかわかるんですが、昼になると、子供が潜ろうもんなら、行方不明状態。

 

家からわりと近いこともありとても行きやすく楽しめる場所です。家族連れで行く人が多く大人から小さい子供までみんなが楽しめるようなプールになっていると思います。我が家の場合は末子はまだ小さいので末子は浅いプールで遊ばせて、少し大きくなった子どもにはスライダーで大人も一緒に楽しむといったことができるのでありがたいです。またゆっくり入るだけのお風呂のようなプールもありリラックスすることもできるのでおじいちゃんやおばあちゃんも楽しめると思います。

 

目玉である「ザ・ブーン」のウォータースライダーは一人乗りと二人乗りがあり、大きなゴムボートで滑っていくスリルは格別に楽しい。ただ、プールの入場料とは別に1回、200円のチケットが必要になる。建物でいうと4階くらいから滑り落ちるので有料でも満足できる。他には無料のスライダーもあり、幼児用の滑り台もあるので、年齢を問わず楽しめる。プールも流れるプール、波のプール、子供用と赤ちゃん用の浅いプールと4種類あるので家族連れ、カップルともに一日遊べる。

 

ザ・ブーンは、いくつかのコーナーにわかれており、それぞれの特徴を持ったプールで遊ぶことができます。例えば、小学生以下限定のわんぱくプールは水深50cmとかなり浅いので、子供たちだけで遊ばせることができて大人は横で見守ることができます。その中でも私のおすすめは展望プールです。水深が1~2mと深いですが、プールに入りながら枚方の景色を一望することができ、まるで温泉に入っているかのような贅沢な気分になれます。両脇にはビーチチェアーも配置されているので、疲れたら休憩することもできます。

https://minhyo.jp/hirakatapark-theboon。より引用

まとめ

今回は、ひらパーのプールについて記事してきましたが、いかがでしたか?

プールはひらパーの正面ゲートから見て一番奥になります。車で行くなら「南駐車場」に駐車して、南ゲートから入りましょう。

テントやパラソルの持ち込み不可なので、場所取り用にレジャーシートを忘れないようにしてください。

本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

オススメ記事

-プール

関連記事

サンビーチ日光川の料金・クーポン割引!口コミやアクセス/駐車場情報はこちら

こんにちは、サムジュンです! 今回は、名古屋のワイキキビーチと称される『サンビーチ日光川』について記事にしました!最後までお付き合いください。 サンビーチ日光川は淡水で日本最大級の水面積を誇り、公営な …

鶴見緑地プールの料金や営業時間情報!駐車場、混雑具合、持ち込み品について

こんにちは、サムジュンです! 今回は、大阪市にある『鶴見緑地プール』について記事にしました!最後までお付き合いください。 大阪市の公営施設である鶴見緑地プールは、天候や季節を気にすることなく1年中遊べ …

真駒内花火大会

真駒内花火大会2018の日程時間と穴場情報!アクセス/駐車場や最寄り駅について

こんにちは、サムジュンです! 今回は、北海道札幌市で開催される『真駒内花火大会2018』について記事にしました!最後までお付き合いください。 今年で8回目を迎える真駒内花火大会!比較的新しいイベントな …

西武園プールの料金や割引情報!駐車場や混雑/場所取りについて

こんにちは、サムジュンです! 今回は、西武園プールについて記事にしました!最後までお付き合いください。 都心から1時間ほどで楽しめるプールのひとつが西武園です。近場で楽しめる大型プール施設というだけで …

東京サマーランド プール

東京サマーランド プールの料金割引法/営業時間!アクセス・駐車場や混雑情報

こんにちは、サムジュンです! 今回は、遊園地として人気の高い『東京サマーランドのプール』について記事にしました!最後までお付き合いください。 東京サマーランドは遊園地にアウトドア・スポーツ、そして天候 …

はじめまして、ブログ運営者のアラフォー男子「サムジュン」です!

個人的に好きな事は、スポーツ観戦、たまに妄想なんかして楽しい日々を過ごしています(^^)

アラフォーにして初のブログですが、暖かく見守ってやってくださいm(_ _)m