臥龍桜2019の開花予想&見頃情報!アクセスや駐車場についてはこちら

岐阜県高山市一之宮町に壮大に咲き、毎春訪れる人を幸せな気持ちにしてくれる『臥龍桜』。樹齢1100年とも言われている歴史のある桜の木が臥龍桜です!

天然記念物にも指定されている臥龍桜ですが、幹周りは約7mともなる巨木です。ちょっと想像つかないくらいの大きさがありますよね(^^)

そんな臥龍桜ですが、2019年も楽しめる季節がやってきましたね!

こちらの記事では【臥龍桜2019の開花予想&見頃情報!アクセスや駐車場についてはこちら】と題して、臥龍桜に関する情報を掲載していますので、チェックしてみてください。

臥龍桜2019の開花予想&見頃チェック

2018年の臥龍桜の開花予想についてですが、お天気予想会社のウエザーニューズ社から予想が発表されています。

3月19日現在ですが、まだ開花予想は更新されていないために2月15日現在のものとなっています。巷では桜の開花も叫ばれていますが、臥龍桜はまだまだと言った感じですね。

開花予想日が「4月15日」で満開日が「4月20日」となっています!あくまでも予想ですから、お天気が良くなって気温が上がれば東京などのように早まる可能性が高まります。

開花予想やこちら⇒
https://weathernews.jp/s/sakura/spot/5201/index.html

3月19日からの週間予報を見ても、まだまだ寒い日が続いていく予想なので臥龍桜は眠ったままで4月に入っていきそうです。

<開花に合わせて桜まつりも開催します!>
臥龍桜では桜まつりが開催されていて、例年ですと4月中頃に開催されています。期間については、約3週間と長い期間ですが、やはり見頃となる時期がおすすめになりますね。

臥龍桜の近くでは出店もあったりして、ちょっとした地元の特産品などが販売されていたりもします。

ちょっと小腹が減ったなんて時には、そちらでお腹を満たせてあげることも可能ですよ!

やっぱり美しい桜の木には、美味しいものは必至ですよね(^^)

臥龍桜へのアクセス情報!駐車場情報も有ります

臥龍桜へのアクセス情報を掲載しています。

<JR>高山本線:飛騨一ノ宮駅下車 徒歩1分、
<車>高山ICから約12㎞、20分

<駐車場について>
駐車場は臥龍桜の会場に約250台分の駐車場がありますし、そちらは料金無料で止めることも可能になっています。

この250台ですが、正直言って少ない数だと思いますよね^^;実際に、会場に足を運んだことのある人の情報によりますと以下のように、早くに行かないとすぐに埋まってしまうそうです。

まあとにかく、早めに行くにこしたことは無さそうですよね^^;遅くに行くと会場周辺で渋滞なんて起きたら、それこそ面倒ですからね。

私がこういった場所に行くときは、早くに行くか、遅くに行くかのどちらかにするようにしています。経験上、早めに行った方が楽しめる時間は長いのでおすすめですね。

まとめ

臥龍桜は約1100年の歳月をかけて現代にも美しく咲き誇る、日本を代表する桜の木です!歴史ある臥龍桜を見るために、毎年多くの観光客が訪れるお花見スポットでもあります。

残念ながら、臥龍桜の夜桜ライトアップは行われていませんので夜桜鑑賞には適しません。園内にはぼんぼりがあるくらいですから、日中に臥龍桜を鑑賞されるのが良いのではないでしょうか。

入園料も無料となっていますから夜でも鑑賞する事は出来ますが、柵内に立ち入るなどのルール違反をしないようにしましょう!そして、かなり暖かい服装がおススメですよ!

こちらの記事もおすすめ!